浦和レッズ-シドニーFC Part2


スポンサーリンク

アジアチャンピオンズリーググループステージ初戦、昨シーズンJリーグ3位の浦和レッズは昨シーズンオーストラリアリーグ2位のシドニーFCをホームに迎えての対戦となりました。毎年出だしの悪いJリーグ勢ですが2007シーズン以来の王者奪還のためにも勝ってスタートを切りたいところです。

IMG_6392

↑アウェーのシドニーFCは5−4−1の守備的布陣を敷いてきました。GKヤネトビッチ、DFアッパス、DFユーマン、DFアンダーソン、DFライル、DFグラント、MFノーモス、MFディミトレビッチ、MFタバレ、MFホール、FWスメルツ。タバレは元セネガル代表。

IMG_9120

↑浦和レッズのサポーターも気合が入ってきました。

IMG_6396

↑ホームの浦和レッズは3−4−2−1の形でスタート。GK西川周作、DF槙野智章、DF永田充、DF森脇良太、MF宇賀神友弥、MF梅崎司、MF青木拓矢、MF阿部勇樹、MF関根貴大、MF武藤雄樹、FWズラタンとなりました。新加入でU−22代表キャプテンの遠藤航はベンチスタートでした。

IMG_6399

↑序盤は浦和レッズが支配する時間が続きます。

IMG_6411

↑厳しくプレスをかけてボールを奪っていました。

IMG_6426

↑先制点は浦和レッズに入ります。8分、梅崎司のクロスがジャーマンに当たり、そのボールに武藤雄樹反応しゴールを挙げます。アンダーソンがキーパーに受け渡そうとしたところに武藤雄樹が素早く反応した形となりました。

スポンサーリンク

IMG_6442

↑その後も浦和レッズが試合を支配していました。

IMG_6447

↑森脇良太のシュート!

IMG_6465

↑1トップに入ったズラタン!浦和が優位に試合を進めていたのですが自陣で阿部勇樹のパスを奪われシュートを放たれるなど危ない場面もありました。前半は1−0で終了します。

IMG_6512

↑61分、梅崎司に代わり興梠慎三が投入されます。65分には自分で獲得したPKをきっちりと決め2−0にリードを広げました!

IMG_6526

↑2点を取った後はシドニーFCが攻勢をかけます。

IMG_6532

↑ボールがよく回るようになりました。

IMG_6537

↑しかし浦和レッズは全員で身体を張って守ります。

IMG_6542

↑西川周作の気迫の顔面セーブもありました。

IMG_6559

↑元セルビア代表のミロシュニンコビッチが入ってから本当によくボールが回るようになりました。

ちょっと中途半端なのですが写真が多くなってしまったのでこの続きは次の記事でアップします。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です