ツエーゲン金沢-水戸ホーリーホックPart1


スポンサーリンク

IMG_9524

前節、ザスパクサツ群馬に敗れ2連敗となったツエーゲン金沢。一方の水戸ホーリーホックも前節はセレッソ大阪に敗れ、勝ち星のないチーム同士の対決となった。

IMG_8461

アウェー水戸ホーリーホックは「4−4−2」。GK本間幸司。DF佐藤祥、伊藤槙人、ソンジュフン、佐藤和樹。MFロメロフランク、兵働昭弘、船谷圭祐、佐藤和弘。FW山村佑樹、三島康平。佐藤和弘は早くも古巣対決。また山村が今季初スタメン。ロメロフランクはボランチで起用された。ベンチには宮本拓弥が初めて入った。

IMG_8467

ホームのツエーゲン金沢も「4−4−2」。GK原田欽庸。DF辻尾真二、太田康介、作田裕次、馬渡和彰。MF可児壮隆、山藤健太、古田寛幸、大槻優平。FW水永翔馬、山崎雅人。GK原田は古巣対決となった。

IMG_8469

ファーストシュートは水戸ホーリーホック。佐藤和弘がペナルティーエリアの外からミドルシュートを放つ。佐藤和弘は13分には古田がボールを持つと同時に後ろからスライディングでボールを奪いに行くなど古巣相手に気迫あるプレーを見せていた。

IMG_8473

10分を過ぎたあたりから次第に金沢がボールを支配する時間が長くなる。15分には馬渡、山崎、可児と細かくボールを繋ぎ山藤がシュートを放つもゴール左に外れた。

IMG_8476

次第に水戸の展開になる。22分には佐藤和樹がドリブルで駆け上がり、勢いの乗ったままミドルシュート。これがしっかりと枠を捉えGK原田が弾きCKを獲得した。

IMG_8481

一方のツエーゲン金沢も24分、太田のロングフィードに古田が上手く肩でトラップし中央へグラウンダーのクロスを入れる。しかし、本間幸司が判断良く飛び出しここは防いだ。本間が飛び出していなければあわや失点の場面だったので本間に助けられたひやりとする場面だった。

IMG_8485

スポンサーリンク

その後、水戸の左サイドが活性化する。佐藤和樹はミドルシュートを放ってから勢いに乗ったのか制度の高いクロスを左サイドから2〜3本上げる。しかし中で微妙に合わず得点とはならなかった。

IMG_8504

ツエーゲン金沢の固い守りを破れないまま時間は過ぎて行きます。

IMG_8515

↑ガイナーレ鳥取から移籍加入した馬渡。

IMG_8519

↑昨シーズンはFKでやられました。

IMG_8526

そのまま終わるかと思われた43分、兵働がボレーシュートを放つ。一瞬入ったかと思われたがポストを叩き先制点とはならなかった。

IMG_8532

↑ソンジュフン、伊藤槙人を中心に安定した守備をみせます。

IMG_8540

↑古巣対決ということもあって気合が入っていました。

IMG_8541

前半はそのまま0-0で終了した。

IMG_8552

↑サブに入った萬代宏樹。

IMG_8565

↑宮本は初のベンチ入り。

IMG_8574

↑前節の群馬は瀬川のドリブル突破からクロスで得点を挙げていたので湯澤に期待です。

IMG_8589

ハーフタイムにはマスコット三人組が営業活動をしていました。

後半戦の写真は次の記事でアップします。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です